ワンステップ排卵検査薬が新しくなりました

これからはワンステップ排卵検査薬クリア

ワンステップ排卵検査薬が改良されて新しいバージョン”ワンステップ排卵検査薬クリア”として販売されています。

今までのタイプも価格が安くても正確性も高く、検知も25mIU/mLと高感度でしたが、更に、感度が良く変更されたようです。

従来品と改良品の違いは、以下のとおりです。

  検知濃度 排卵後 表示
改良後 20mIU/mL 検知しない 表示されたら陽性
改良前 25mIU/mL 検知される 薄かったら陰性

このようになっています。

まず、冒頭にも書いたとおりですが、従来のものは感度が25mIU/mLでした。
これは、日本製の排卵検査薬と比べると早い段階で検知できる事になりますが、同じ海外製では、25mIU/mLのものがいくつかありますので、海外では普通の感度です。

ですが、改良版の20mIU/mLは、海外の他の排卵検査薬にも無いので、どのモデルよりも早くLHサージ検出が可能となっています。

更に、今までは、薄いラインだと陰性の場合も有りましたが、改良版では、薄くてもラインが表示された段階で陰性という事になります。これで、うっすらしたラインに悩まされる事が無くなります。

そして、何よりすごいのは、排卵後は、LH濃度が高くても検知しないところです。

これは、どういう事なのかというと、排卵直後は、LHサージがピーク近いので一般的な排卵検査薬だとLHを検知してしまい”陽性扱い”となる事があります。これが、排卵日特定の混乱を招く原因の一つでした。

ですが、改良版は、排卵後にLHが高くても検知しないように出来ているとの事です。LHが同じようでも正確には異なるらしく、その違いによって排卵後は反応しないように作られているとの事でした。

  • 今までのどの排卵検査薬より早くLH検知可能
  • 排卵直後には反応しない設定

この機能のお陰で、旦那さんとのスケジュールも立てやすくなるし、排卵日を特定しやすくなったり排卵直後もずるずると検査を続けなくて済みます。

改良されてより使いやすくなっても、価格はそのまま。
更にコスパの良い排卵検査薬となってくれたと思います。

ワンステップ排卵検査薬は、新しいバージョンになったことで、三つの改良ポイントがあります。それらの改良ポイントについて今一度確認していきましょう。

感度が良くなった

前述の通り、旧バージョンの25mIU/mLから、感度を改良し20mIU/mLに変更されています。感度をアップした理由は、より早い段階でLHサージを確認できるようにする為です。

多くの排卵検査薬の感度は、25mIU/mL~40mIU/mLとなっているので、大体、排卵が起こる1日~1日半前に陽性となりますが、感度をアップする事で、LHサージのより早い段階を把握する事が可能です。

その結果、早ければ2日前にLHサージが始まったことを察知することが出来るので、排卵日に合わせた計画が立てやすくなると言えます。

ただし、これにより、元々LHの分泌量が多い体質の場合は、排卵日目前じゃなくても陽性反応をしてしまう事があるので、そうした体質の人には、使用が適さない場合があるので注意しましょう。

測定結果がわかりやすい

ワンステップ排卵検査薬と同様に、アナログ(紙)タイプの検査紙だと、どうしても色の濃淡で結果がわかりにくいのが問題点としてよく挙げられます。

テストラインが薄く表示された場合、排卵日を待ち望んでいると、陽性だと思ってしまいたいものですが、実際には、どちらかはっきりしません。

そのように使用者の自己判断により検査結果が左右されないように、テストラインが少しでも表示されたら陽性というように変更されているのが大きな特徴と言えます。

アナログなのにハッキリわかる。それでいて、価格も変わっていないので、より使いやすくなったということがわかります。

デジタルタイプと同様に検査結果がはっきりしている上に、海外製のアナログタイプの排卵検査薬ならではの安さで購入出来るというのは大きな魅力ではないでしょうか。

排卵後のLHは陰性

ワンステップ排卵検査薬のもう一つの優れている機能は、排卵が終わった後は、尿中のLHの量が多くても陰性になるという検査機能です。

従来の排卵検査薬は、排卵が終わった後でもLHの濃度が高ければ陽性と表示されることがありますが、そうした問題も改善しているということです。

ではなぜこのような事が可能なのでしょうか?

それは、排卵を終えた後のLHは、排卵前のLHとは正確には違いがあるそうです。その違いを把握する機能が備わっているということのようです。

具体的な仕組みの解説は、専門的な知識を用いるものだと思いますが、単純に、排卵の前後の違いを把握出来ると考えとけば良いのではないでしょうか。

MENU