子供を産み分けるタイミングがあるって本当?

産み分けタイミングも合わせやすいようです

排卵日を予測することで、妊娠しやすいタイミングはかって性交渉をするタイミング法。

現在では、排卵検査薬が数多く出回っているため、実践される夫婦も少なくないと聞きます。特に、1人目は女の子が良いという夫婦も多いらしく、産み分けも数多くされているみたいです。

それが実現されているのは、排卵日の何日前に性交渉をすれば、どの性別の子供が生まれやすいのか医学的に判明しているからと言われているからですが、実際にそんなこと出来るのでしょうか。

これに関しては賛否両論色々あるようですが、普通に考えてみると、性交渉のタイミングと生き残っている精子の兼ね合いでどちらが生まれてくるのか分けるのは難しい気がしなくありません。

ですが、産み分ける事が出来るのであれば、実践してみたいと思うのは心情ですね。

ちなみに、女の子を希望している場合は、排卵日の2~3日前に性交渉をするのがベストだそうです。男の子なら、前日から当日にかけてだそうです。

そうすると、女の子が欲しい場合は、LHサージが始まる前のタイミングが良いということになりますが、同時に、排卵日当日に性交渉してしまうと、そちらの精子が受精してしまう点も気になるところです。

最適な排卵検査薬を選ぶなら?

しかし、大抵の排卵検査薬は、(日本で販売されているドゥーテスト、p‐チェック、チェックワンを含め)排卵日の24~36時間前にくっきりとした陽性を示すそうですから、女の子が欲しいならこれではちょっと遅いですよね。

そこで、女の子の産み分けに適した、もう少し早い段階で排卵を知らせてくれるものとなると、クリアブルーのタッチパネルタイプが最適かもしれません。

タッチパネルタイプのクリアブルーは、LHだけではなく、エストロゲンの分泌量もチェックすることで、最大で5日前の予測が可能という特徴があります。それなら、排卵日の3日前を予測することも可能です。

ただし、精子の寿命も関係してくるので色々な条件が必要となってきますので、結局最後は、神頼みになってくるのではないでしょうか。

また、ワンステップ排卵検査薬なら感度が20mIU/mLとなっていて、LHサージの早い段階を捉える事で2日前予測が可能です。

しっかりタイミングを合わせたいと考えている場合、価格の安いワンステップなら、何度もテストするのも金銭的な負担が少なく済みますね。

排卵のタイミングと性別の関係があるそうです

生まれて来る子供の性別を決めるなんて、日本ではできないような遺伝子操作でもしない限り出来ないと思っていました。

しかし、実際は意外と簡単に、ある程度特定の性別の子供が生まれる確率を上げることができるらしいです。これを、産み分けと言います。

詳しく言うと、集中的に性交渉をするタイミングが排卵日当日とその翌日なら男の子、前日と2日前なら女の子が生まれやすくなるそうです。

となると、自分の排卵日さえ予想できれば良さそうですね。しかし、排卵期の把握のために基礎体温を記録し続ける、オギノ式という方法をとるのは、意外と大変みたいです。

なぜなら、ある程度データを蓄積させないと、排卵期を上手く予想できない関係上、最低でも半年は記録を続ける必要があるからです。

そこで推奨されるのが、排卵検査薬で正確さをアップする事。

確かに、排卵を予め教えてくれる排卵検査薬なら、オギノ式よりも断然簡単にタイミングを図れますね。

しかし、排卵検査薬がくっきり陽性反応を示すのは、大抵排卵の24~36時間前と言われています。そのため、男の子なら良いのですが、女の子を望む場合は、かなり時間的にはタイトになるとのことでした。

3秒浸して5分以内に結果表示

では、ワンステップ排卵検査薬は、どのように使うのでしょうか?

海外製という事もあり、日本の排卵検査薬とは、使い方とか少し分かりにくかったり全て英語でよく分からないなんて事は避けたいものですよね。

その点は問題なく、きちんとパッケージに日本語で使用方法が書かれています。

ワンステップ排卵検査薬は試験紙の形をとっているため、尿を別の容器に採取して浸すという使い方になるみたいです。そして、3秒ほど浸した後、平らなところに置いておくと、5分以内に判定結果が出るとのことでした。

尿を別の容器に採取しなければいけないという面倒さはありますが、1回につき100円弱という安さを考えれば、どうってことないと思いました。それに、容器と言ってもそこら辺の紙コップで事足りるわけですから。

それ以外、使い方に関して何ら面倒な点はなく、正しく使えば99パーセントの精度が保証されているので、正確性も問題なさそうですね。

カテゴリメニュー