1ヶ月のうち妊娠できるタイミングは何日間?

最大で6日間くらいが妊娠できるタイミング

1度の月経周期、つまり1ヶ月のうちで妊娠できるセックスのタイミングは、最大で6日間くらいあります。

排卵検査薬を使ったタイミング法では、ベストが排卵の2日前と言われていますが、精子が元気に生き残っていれば、排卵の4、5日前からが有効で、排卵の3日前からは、毎日セックスした方が妊娠する可能性は高まります。

それでは、精子が女性の体内でどのような状況なのか確認していきましょう。

まず、精子は女性の体内(膣内)に入ると全体の99%は、あっけなく死んでしまうそうです。何かとても残念ですね・・・。

では、残りの1%はなぜ生き残ることができたのでしょうか?

残りのわずか1%の精子はなぜ生きてられるのかというと、それは、子宮頸管という精子が休憩できる場所があるお陰です。ここは、膣から子宮へ精子が移動する為の通り道ですが、排卵が近づくと頸管粘液の分泌量が増え精子が生きていられるのです。

膣内は、雑菌から守る為に弱酸性に保たれているのですが、精子の大半は、弱アルカリ性の環境じゃないと生きていられません。

この時の助け船となってくれるのが子宮頸管から分泌される頸管粘液は、精子と同じ弱アルカリ性なので、その中で休憩する事ができるという事です。

こうして、精子は、頸管粘液のお陰で女性の体内に入ってからでも長くて5日、平均で3日程度は生きられると言われています。

精子をスタンバイするタイミングは?

また、頸管粘液は、卵胞ホルモンの影響で分泌量が増えるので、排卵前のまだLHサージが起こる前でも卵胞が十分に成長していれば、その分、分泌量が増えます。つまり、その段階でセックスすれば、精子を先にスタンバイさせておく事も可能です。

尚、精子は弱アルカリ性環境を好むと言っても、全ての精子が同じではありません。

精子には、染色体の異なるXとYという二つのタイプがあり、X染色体の精子は、弱酸性に強く、反対にY染色体の精子は、弱アルカリ性を好むという違いがあります。

それがわかると、ならX染色体の精子が居れば、頸管粘液が少なくても大丈夫なのではないかと思いそうなものですが、このX染色体の精子は、数が少ないそうです。

反対に、Y染色体の精子は、数は多いけど寿命が短いというそれぞれの個体ごとに違う個性を持っているのです。

妊娠する為と言っても、この違いまで意識する必要は無いと思いますが、タイミング法でベストの2日前を狙わなくても、精子の状態と頸管粘液の分泌量などが正常であれば、最大で6日間は準備に専念出来るという事になります。

カテゴリメニュー