排卵検査薬の線が薄くても困らない

ワンステップ排卵検査薬なら表示があれば「陽性」

排卵検査薬を使っていて悩まされるのが線(テストライン)の薄さだと思います。

「えーと、この位出れば、陽性という扱いで良いのかな?」と思って期待していると、実はまだ排卵日間近ではなかったり・・・。

反対に、「この薄さは、さすがに陰性だよね・・・」と落胆していると、実はLHサージが始まっていて、すっかりタイミングを逃してしまったり・・・。

なかなか自分で判断付かないのが、アナログ(検査紙)タイプの排卵検査薬の難しいところかもしれません。

また、排卵検査薬の線の薄さを巡って色々な解釈が飛び交っていて、自分で判断できずにヤフー知恵袋などに質問されているケースも見かけますが、元々のLH濃度に個人差があるので、陽性でも薄い線となる事は仕方無い事のようです。

それも、ワンステップ排卵検査薬クリアを使えば、解決できる可能性があります。

そう言えるのは、ワンステップ排卵検査薬クリアが従来の排卵検査薬よりもLHの検知感度が高い20mIU/mLに設定されている事が理由の一つです。

感度が高いという事は、LHサージの早いタイミングでの検知が可能となるので、感度が30mIU/mL以上とLHサージのピークに近い頃になってもまだ薄い事が無くなります。

この辺がわかりにくいかもしれないので、排卵検査薬を10mIU/mL単位で感度の高い順にすると以下のようになります。

  • 1.20mIU/mL
  • 2.30mIU/mL
  • 3.40mIU/mL

もしも、40mIU/mLに感度設定されている排卵検査薬を使っていたら、元々のLHの濃度の関係で排卵日間近でも薄いなんて事も起こるので、その場合は、30mIU/mLやワンステップ排卵検査薬クリアのように20mIU/mLの高感度に変更する事でラインの薄さが改善できる可能性があります。

また、ワンステップ排卵検査薬クリアには、アナログタイプでは今まで実現できなかった「薄くても表示されれば陽性」になるという機能があり、これが、結果表示の重要な役割を担ってくれます。

ワンステップ排卵検査薬クリアの場合、テストラインが薄く表示されても、表示が確認できた時点で「陽性」というテスト結果になるので、排卵日が48時間以内に起こる可能性が高い事になるという事です。

この機能のお陰で、今までの排卵検査薬のようにテストラインの薄さに困惑させられる事も無くなりますね。

今まで、テストラインが薄く表示されてばかりいてなかなかタイミングがつかめていないというのなら、ワンステップ排卵検査薬クリアを試してみるのも良いと思います。