卵子はどのように作られていく?

妊娠初期に卵祖細胞から作られる

毎月の排卵日に卵胞から出てくる卵子は一つですが、元々は、700万個以上もの原始卵胞が存在するそうですが、胎児(女の子)の成長に合わせて卵祖細胞が無くなると、卵子の元となる細胞の生産がストップします。

そこから、次第に数を減らし、女の子として生まれてくる頃には、200万個ほどになってしまうそうです。

このように、胎内に居る段階で原始卵胞は、3分の1以下となってしまうのです。

これが、体内で成長の併せて作られているというのも不思議な気がしますが、あの小さな赤ちゃんに、既に次の生命を宿す為の準備が行われているというのは、とても神秘的な事ですね。

思春期の頃には20万個にまで減少

更に、年齢を重ねるに連れて原始卵胞の数が減らされ、思春期となる頃には、およそ20万個まで数を減らしてしまいます。

卵子は、生まれた頃から数が決まっているという話は、何となく覚えている人も居ると思いますが、こんなにも数が減っていく事に驚きます。

では、この中からひと月にどの位の卵子の元が育ち始めるのかというと、その数は、1,000個ほどだそうです。

毎月1,000個もの卵子の元となる原始卵胞が目覚めているというのもものすごい数のように感じますが、実際に、月経周期に育ち始めることが出来る卵胞は、その100分の1にも満たない数です。

そうして成長しながら、最も生命力の有る卵子だけが最終的に排卵日を迎えるということなんですね。

ただし、卵子の生命力も年齢とともに衰えてしまいます。

20代と30代で卵子の何が変わる?

現代では、30代後半で出産するケースも増えているので、社会的に考えれば、「まだ30代は子供が生まれるチャンスが豊富」と感じがちです。

また、厚生労働省の発表によると、平成23年から初産の年齢が30歳を超えていて、毎年上昇傾向にあるそうです。これは、単純に晩婚化が進んでいるということもそうですが、中々妊娠に至らず、出産年齢が伸びていることも容易に相違がつきます。

特に最近では、卵子の老化について取り上げる情報も増えていますが、年齢が上がるにつれて、この卵子の細胞質に違いが出てきてしまうそうです。

では、卵子の細胞質が老化してしまうと、どのような問題を生じるのでしょうか?

細胞分裂がうまくできない

卵子の細胞質が老化してしまと、細胞分裂がうまくできずに染色体の本数に異常が起こりやすくなるそうです。

では、染色体の本数に異常が出ると何がいけないのでしょうか?

それは、不妊や流産、染色体異常が起こるので、ダウン症などの子供が生まれやすくなるリスクも高くなるという事に繋がっていきます。

本来は23種類の染色体が2本ずつある

ヒトの細胞には、通常23種類の染色体が2本ずつあります。

つまり、合計で46本の染色体です。

ですが、もしも精子と卵子がそれぞれ46本の染色体を持っていて受精してしまうと合計で92本となってしまうので、あらかじめ精子も卵子も染色体の数を半分に減らしておく必要があります。

簡単に考えれば、23本セットの染色体の1セットを外しておくという事ですが、卵子の細胞質が老化し細胞分裂がうまく行われなくなると、染色体の数を減らす働きがうまく機能しなくなってしまうことがあるということです。

30代後半は卵子の健康状態に注意

30代後半の年齢に差し掛かってくると、卵胞の成長が悪くなりやすい事も十分に考えられる内容を伝えましたが、そもそも、卵子の始まりは、胎児の頃に作られた細胞(卵祖細胞)です。

卵子の元となる卵祖細胞は、女の子が胎児の頃に作られ、この時に作られたものが一生分なので、生まれてからは、数を減らしていく一方となります。

時期 原始卵胞の数
胎児(女の子) 700万個
生まれた頃 200万個
初潮を迎える頃 20万個

卵祖細胞は、減数分裂と言って次第に数を減らしていきます。

毎日、この繰り返しで生き残った卵子だけが、将来的な排卵に繋がる可能性を持っているという事がわかると思います。

卵子も毎日のように選ばれては消えてを繰り返し、最終的に残ったものが卵子となる可能性があるというように、競争を勝ち抜いて排卵に至ります。

また、卵祖細胞が原始卵胞へと成長していく数は、ひと月で1,000個ですが、一日に30個~40個ほどと言われています。

生理周期ごとではなく一日ごとにです。今こうしている間にも毎日繰り返して、原始卵胞が目覚めを繰り返しています。

これが、若い頃なら、新しい卵胞を作る成長もスムーズに行われていますが、年齢を増すごとに、原始卵胞も時間が経過した古いものが使われる事になります。

それだけ長い間、卵巣の中にあり続けたという事は、あなたの年齢+一切が卵子の年齢となります。

こればかりはどうしても逃れられない事実なのですが、だからと言って、20代に妊娠した場合と30代で妊娠した場合とで比べたとしても、若い頃の方が卵子の質が良いかどうかは関係ないそうです。

たまたま、その時に成長の良かった卵胞(卵子)が選ばれただけらしいですが、質とは無関係でも年齢とともに成長が悪くなるのもまた事実なようです。

年齢が上がるにつれて、最終選考へと選ばれる可能性のある卵子が減って行くのは事実なので、妊娠に取り組むなら一日でも早い方が良いという事に変わりありません。

カテゴリメニュー

MENU