先進国ほど出生率が低い?

医療の発展と妊娠率は関係ないようです

日本では、多くの女性が不妊に悩んでいる現状があります。不妊治療に数百万円の医療費をかけても子供に恵まれないなんてケースも少なくないようです。

医療が充実し、食べ物にも困らないような恵まれた環境なのに、なぜ子供ができないのかと思うと、ここは、先進国ならではの問題があるそうです。

特に日本は、主要な先進諸国の中でワーストワンとなるほど出生率が低下しているそうです。

なぜ、医療が充実して生活環境に恵まれている日本で、出生率の低下が起こっているのでしょうか?

その原因には、出産年齢の上昇や食生活の変化が関係しているようです。

初産の年齢が平均30歳以上

夫婦共働きという家庭も増えていますが、社会の背景として、女性が出産適齢期を迎えても働くようになり晩婚化が進んでいることで、妊娠年齢も引き上げられています。

厚生労働省の発表によると、女性が第1子を出産する年齢は、平成23年に30歳を超え、毎年のように上がり続けているようです。

こうして、年齢が上がる事で、卵子の健康寿命は落ちてしまい、未成熟卵となる割合が増えてくると言われてます。

卵子も年齢とともに老化する為、出産年齢が上がるにつれて妊娠しにくくなるというのもそうですが、同じく、男性の精子も年齢とともに数は減少し運動能力も衰えてしまいます。

皮肉な事に、女性が男性と対等な立場を求め働ける環境は増えたものの、反面、晩婚化が進み出産が遅れてしまうという社会問題が生じているようです。

食生活の変化による影響

また、出産年齢が上がったことだけではなく、食生活の変化も妊娠しづらくしているということがわかってきたそうです。

そこには、炭水化物とインスリンが大きく影響しているそうですが、血糖値の急上昇を引き起こす炭水化物ばかりの食生活を続けていると、その都度、インスリンの分泌が過剰に行われる事で妊娠しにくくなっていると言われています。

それなら、先進国の方が子供が生まれにくくなっているという理屈も繋がるものがあります。

その反面、中国やインド、アフリカなど、貧困の続く地域でどんどん子供が生まれ人口が増加しています。この事実を踏まえると、医療環境がいかに充実しているか、貧しいかどうかは、それほど影響はないようです。

むしろ、貧困地域のように、自ずと食べるのが制限されている環境の方がインスリンの分泌も抑えられます。

実際に、何年も不妊治療で子供ができなかった夫婦が断食専門の道場へ通い食生活を見直したところ、すんなり妊娠できたなんていう情報もありました。

それが事実だとするならば、妊娠に良い環境を整える為に色々な栄養素をこだわって摂取していくよりも、単純に、血糖値の急上昇を引き起こさ無いような食生活を心がけて、インスリンの負担を減らすようにすることの方が重要なのかもしれません。

ただし、炭水化物は必須栄養素なので、全てをカットするのもよくありません。

食べる順番を変えたり、量の調整や種類を変更することで、血糖値の急上昇が起こらなければ良いようです。

日本の体外受精成功率は?

自然妊娠がどうしても叶わない場合、体外受精を試みるケースが増えてきているそうです。特に高齢出産の年齢に差し掛かる40代の女性の受診が急増しているそうですが、では、実際にどの位の成功率なのでしょうか。

調べてみると、45歳だと体外受精の確率が0.6%という極めて低い数値となってしまいました。

体外受精の成功率が最も高い25歳だと妊娠成功率は20%以上なのですが、41歳を過ぎる頃には、5%まで落ち、そこから更に45歳に向けて下がっていくのが現状のようです。

これが、世界的に見ると50ヵ国中45位というとても低い数値な事に驚きました。

日本くらいの医療技術と設備なら、不妊治療の先進国と言われる位のレベルかなと思っていただけに、この数値にはビックリです。

その位、体外受精の難しさを実感したのですが、この確率は、アメリカ(米国)と比べたら半分にも満たないそうです。

これは、決してアメリカの方が不妊治療を受ける人が多く、結果的にそうなっているという事でもありません。むしろ逆で、日本の方がアメリカより1.6倍も不妊治療を受けているにもかかわらず、妊娠成功率は半分以下だそうです。

こんな低い確率なのに、一度に何十万円もかかる不妊治療費を支払わなければいけないというのは、本当に大変だなと思えてなりません。

カテゴリメニュー

MENU