妊娠前から葉酸摂取が必要な理由

胎児の神経閉鎖障害のリスクを下げる

「妊娠初期には、葉酸が必要」と言われています。理由は、胎児の神経閉鎖障害のリスクを下げるからだそうです。

より具体的には、妊娠初期から必要なのではなく、妊娠前の一ヶ月前~妊娠3ヶ月目くらいまでは、食事以外の方法で葉酸を0.4mg程度補うことが推奨されています。

食事以外の摂取となると、サプリメントが妥当な方法となります。

実際に、妊婦をターゲットにした葉酸サプリが色々なメーカーから出ていことからもわかります。

葉酸サプリで注意すべきことは?

では、葉酸サプリを選ぶ際の注意点はあるのでしょうか?

つわりがひどいとサプリメントを飲むことすら困難な場合もあります。においで受け付けないこと以上に気をつけるべきことがあります。

天然原料の葉酸サプリを選ぶことです。

葉酸サプリには、レモンなどから抽出した天然成分と鉱物油から抽出した合成の2種類があります。

天然成分の葉酸サプリは、吸収率が自然食品と同じ程度なので、必要以上に摂取されてしまう過剰症を気せずに済みます。

また、オーガニックレモンを原料としているものなど、安全性を考慮したものがあります。

合成葉酸のリスクとは?

一般的には、合成葉酸のサプリの方が多く出回っています。なぜなら、アメリカの臨床試験で用いられたものが合成の葉酸だったからです。

合成葉酸は、化学的に合成されていることで成分がダイレクトに体内に吸収されます。対する天然葉酸は、50%程度しか吸収されないそうです。

吸収率の違いからもわかるとおり、ハッキリした効果を見るには、合成葉酸の方が条件が整っていたと考えられます。

吸収率が良い反面、葉酸の過剰摂取により胎児が神経障害を起こすリスクがあると言われています。取り過ぎても良くないことがわかります。

厚生労働省には、日本では、他の国に比べて胎児の神経閉鎖障害の発生率が低いので、そこまで問題視されていないとありました。

葉酸サプリを用いる場合、天然と合成の違いを把握しておくと、適したものが見つかるのではないでしょうか。

その他の記事

MENU