受精が可能期間は何日間?

最大で「6日間」

1回の月経周期のうち、妊娠できるセックスのタイミングは、最大で6日間くらいと言われています。

排卵検査薬を用いたタイミング法では、ベストなタイミングは排卵の3~2日前と言われています。

卵子と精子の寿命、受精可能時間を踏まえても合致します。

もしも、寿命の長い精子が元気に生き残っていれば、排卵の「4~5日前」からも有効とされていますので、排卵予定の3日前からは、セックス回数を増やした方が妊娠する可能性は高まるそうです。

放出された精子の動き

膣内に放出された精子全体の99%は、割とすぐに息絶えてしまうそうです。

残されたわずか1%の精子は、子宮頸管へたどり着くことで生きながらえることができます。

子宮頸管は、膣から子宮へ精子が移動する為の通り道で、排卵が近づくと頸管粘液の分泌量が増えて精子が活動しやすい環境を整えます。

膣内は、雑菌から守る為に常に弱酸性に保たれていて、精子の大半は、弱アルカリ性の環境じゃないと生きていられません。

子宮頸管から分泌される頸管粘液は、エストロゲン(卵胞ホルモン)の影響で分泌量が増えます。精子と同じ弱アルカリ性なので、その中で休憩することができるのです。

精子は2つのタイプが居る

精子は弱アルカリ性環境を好むと言っても、全ての精子が同じではありません。

精子には、染色体の異なる「X」と「Y」という二つのタイプがあります。X染色体の精子は、弱酸性に強く、反対にY染色体の精子は、弱アルカリ性を好むという違いがあるそうです。

弱酸性に強い「X染色体の精子」が居れば、膣内環境に左右されないと考えてしまいますが、X染色体の精子は、全体数が少ないそうです。

反対に、Y染色体の精子は、数は多いけど寿命が短いという個体ごとに違う個性を持っているのです。

妊娠は女性の課題と考えてしまいそうですが、精子の健康状態なども大きく関わっていることがわかります。

その他の記事

MENU