排卵検査薬で陽性が出たら?

排卵が近いというお知らせ

排卵検査薬を使い慣れていないと、「陽性が出たけど、どのタイミングなのかよくわからない・・・」という疑問を持ってしまうかもしれません。

陽性反応が確認できたということは、LHサージが始まっているということで、排卵が近づきLHのホルモン濃度が上がってきたという事を意味します。

また、ワンステップ排卵検査薬の場合は、LHの検出感度が20mIU/mLととても高感度に設定されている為、LHサージの初期段階の反応を捉えている可能性もあります。

ですが、血中のLHが尿中の濃度に影響するまで、数時間のタイムラグがあるというのでその辺も考慮しなくてはいけません。

LHサージ後24時間~36時間で排卵

LHは、日本語で黄体化ホルモンと呼びますが、これは、卵子の元である卵胞が大きくなるにつれて卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌が増えるようになると、それに合わせて分泌が増えるホルモンです。

ちょっとわかりにくいかもしれませんが、簡単に言うなら、卵子が成熟したら排卵を促す働きを持つLHの分泌量が増えるという事です。

つまり、排卵が近いお知らせホルモンがLHという事になります。

具体的な働きは他にも有るのですが、排卵を知るという目的で考えた場合は、このように理解しておくのが簡単だと思います。

尚、排卵が近づきLHの濃度が上昇してきたら、24時間から36時間程度で排卵が起こるとされています。つまり、1日から1日半程度ですね。

でも、重要なのは、LHサージが確認されて排卵が近づいたのは良しとして、その開始がいつからだったのかという点です。LHサージのスタートがはっきりしないと、そこから排卵がいつかのか把握できないという事になります。

その辺の調整が難しいところかもしれませんが、月経のタイミングも合っていてワンステップ排卵検査薬で陽性が出たら、すぐに旦那さんとコミュニケーションできる準備をしておくのが良いと思います。

排卵ギリギリまで待つと血中と尿中のLHのタイムラグも有るので、タイミング的には、もう遅いので気をつけてください。

カテゴリメニュー

MENU