ワンステップとクリアブルーの併用方法

LHサージを把握する最適な方法

LHサージをより良く把握する方法があります。高感度と低感度の排卵検査薬を使い分けることです。

最適な2つの製品は、ワンステップ排卵検査薬とクリアブルーイージーデジタルです。

■感度と表示方法

感度が両極端な2つの排卵検査薬を使い分けることで、LHサージとLHピークの両方を把握しやすくなります。

  • LHサージの確認:ワンステップ排卵検査薬
  • LHピークの確認:クリアブルーイージーデジタル

まず、ワンステップ排卵検査薬を使いLHサージ開始を把握します。ピークまでの時間が予測できます。

LHサージが確認できたらクリアブルーイージーデジタルに切り替えます。ピークの始まりを確認できれば、10~12時間後に排卵が起こる可能性が高いことがわかります。

正規店でのセット販売もあります。個別に買うより3,500円以上安いです。

>>排卵検査薬セットの価格はこちら

価格を重視して選ぶなら

クリアブルーイージーデジタルは、陰性と陽性の判断に迷わず済むという高性能な代わりに、価格の高さがネックです。

日本製でも1本あたり350円くらいなので、出費が増えてしまう可能性もあります。

ワンステップ排卵検査薬なら、一番少ない20本セットでも1本あたい98円と割安な上、セット数が増えるごとに値引きがあるので負担が減らせます。

いずれかではなく、両方選ぶという方法もあります。

  • クリアブルーイージーデジタルも使いたい
  • 費用はなるべく抑えたい

この場合、ワンステップ排卵検査薬を多めに使って、確実なタイミングでクリアブルーイージーデジタルを使用するという方法があります。

体質や感度も排卵検査薬選びに関わる

確実に陽性になったタイミングだけを知りたい場合は、感度の低い排卵検査薬の方が適しています。

また、LHサージの目安である陽性反応が出たとしても、実際には、排卵後だったりするだけでなく、LHは常にわずかながらも分泌されているので、通常の分泌量が多めだと陽性反応が出やすいこともあります。

多くの場合は、LHの陽性反応が出たら、2日以内に排卵が起こる目安であることに変わり有りません。

MENU