生理不順でも惜しまず使える排卵検査薬

生理が不安定でも惜しまず使用できる

しっかり排卵日を特定する為には、排卵検査薬を使う場合でも色々事前に準備をしなければいけないそうです。

自分の生理を何ヶ月にもわたって記録したり、基礎体温のチェックなども続けていても、生理不順によって周期が乱れたり、または、排卵が起こらなかったりすることも考えられます。

生理自体は毎月来ていても、排卵が終わってから次の生理までの間隔がずれたり、生理日数の増減が激しかったりと、安定しているとは言い難い状況になると、排卵日の把握が難しくなることもあります。

これでは、排卵検査薬を使っタイミングが難しくなってしまいますよね・・・。

そうかと言って勘に頼ろうにも、一般的な排卵検査薬の場合、一箱に入っている量が7回分や12回分とかでは、全然足りない何て言う状況も起こり得ることです。

その点、ワンステップ排卵検査薬なら安くて沢山使用することが出来るので、生理不順のような場合にこそ、惜しまずに使うことが出来るのではないでしょうか。

一枚あたり100円以下と安いので費用負担も少ないですが、FDA認可の製品として検知率も99%と排卵検査薬の水準を保っているので、信頼して使用することができます。

ワンステップ排卵検査薬の改良点

以前までは、その価格の安さだけが目立っていたワンステップ排卵検査薬ですが、新しいバージョンに改良されたことによっていくつかの特徴が追加されました。

排卵検査薬で正確性を考えると、最低でも試験紙タイプの尿検査紙となりますが、使いにくい部分が陰性か陽性か曖昧な表示に終わる事です。特に、テストラインがうっすら表示された場合は迷うものです。

でも、それで陰性だったら、一番がっかりするのは自分自身ですよね・・・。

従来の製品は、テストラインがコントロールラインより薄い場合は、陰性となっていました。実際に使用していたなら、濃淡によっては微妙に判りづらい事もあったと思います。

ですが、新しいバージョンでは、この点が改良され、テストラインが薄くても表示されたら陽性となるので、濃淡で判断する必要がなくなったのです。

  • 従来品:薄い(陰性?)・濃い(陽性)
  • 改良品:非表示(陰性)・表示(薄くても陽性)

表示が陽性で非表示なら陰性というようにはっきり区別されるようになったので、どちらかわからず迷ってしまう心配も無いのは、メリットとして大きいのではないでしょうか。

その上、改良されても価格は以前と変わらず据え置きなので、これからワンステップ排卵検査薬を使いたいと考えているなら、旧製品よりお得に感じられるかもしれません。

MENU