ワンステップ排卵検査薬は通販できますか?

海外から直輸入なら格安で通販が可能

  • 「排卵検査薬が近所の薬局に売ってない・・・」
  • 「探している種類の取り扱いが無い・・・」
  • 「対面販売にちょっと抵抗がある・・・」
  • 「日本製品は、やっぱり価格が高い・・・」

日本では、入手しづらくて高いという印象の強かった排卵検査薬ですが、今は、薬機法の改正によって通販サイトでも見かけるようになりましたね。

薬局に行かずに発送して貰えるのはありがたいですが、日本製はどうしても価格の高さを感じずにはいられません・・・。

その点、ワンステップ排卵検査薬は、海外から直接通販できる価格の安さで人気となっているだけでなく、海外発送なのに送料が安いのも魅力です。

>>ワンステップ排卵検査薬の正規取扱店はこちら

実際に、ワンステップが人気なのは、以下のような理由が多いようです。

  • 価格が安いので失敗しても気にせず済む
  • 排卵日が近づいてきたら多めに使用しやすい
  • ネット通販できて自宅に届くので手間が少ない
  • 感度が良いからLHサージ開始を狙って使える

ただし購入には、色々と注意も必要です。

そこで、購入前に抑えておきたいポイントについて触れていきたいと思います。

各種排卵検査薬の価格を比較

一度で使い捨てとなる排卵検査薬のコストは、できるだけ抑えたいものです。

また、製品ごとに感度が異なるので、その辺も踏まえて、まずは、日本製の排卵検査薬の販売価格と感度を比較してみます。

セット内容 本数 価格 単価 感度(mIU/mL)
新ドゥーテストLH 7 本 2,916 円 417 円 30
14 本 4,104 円 342 円 30
PチェックLH 5 本 2,940 円 588 円 10から3段階
10 本 3,990 円 399 円 10から3段階
チェックワンLHデジタル 5 本 2,800 円 560 円 40
10 本 3,800 円 380 円 40
チェックワンLH・Ⅱ 5 本 2,310 円 462 円 40
10 本 3,675 円 368 円 40

1本あたりの価格が300円以上は、やっぱりちょっと高いなと感じてしまいます。これが、一度のチェックで排卵日を特定できるなら気になりませんが、長引く事も想定すると出費は抑えたいところです。

日本製と海外製の感度を比較

安さで選ぶなら、WondfoやDAVIDなども有りますが、中国製の安いものは、価格相応なだけに検知もしっかりせず使い物にならなかったなんていう事も多いようなので注意して下さい。

こういう安いだけものを買ってしまうと曖昧な結果になり困惑するだけなので、安くても感度と正確性の信頼できる製品を選ばなくてはなりません。

ワンステップ排卵検査薬は1本100円以下

続いて、ワンステップの販売価格と感度を確認してみます。

セット内容 本数 価格 単価 感度(mIU/mL)
ワンステップ排卵検査薬クリア 20本 1,960 円 98 円 20
50本 4,300 円 86 円 20
100本 7,900 円 79 円 20
200本 13,800 円 69 円 20

妊娠確率を上げるには、「LHサージの開始をいかに知るか」が重要となってくるので、1本当たりの価格が安いので躊躇せずにたくさん使う事ができますね。

しかも、リニューアルバージョンのワンステップ・クリアは、LHの検知率が20mIU/mLと高感度なので、LHサージの開始に近い値を検知可能となっています。

更に、”ラインが薄くても表示されたら陽性”となりました。

最新バージョンならテストラインが薄くても現われた段階で陽性となるので、アナログ方式なのに検査結果がデジタル式並に結果がわかりやすいと言えます。

他の排卵検査薬でありがちな「コレは、陽性?陰性?」というような曖昧さも無く、使い勝手の良さが決め手となりそうです。

排卵検査薬はなぜ通販できなかった?

いつからか薬局で排卵検査薬が手軽に買えなくなっていました・・・。

これは、改正薬事法の影響があったらしいです。

20年以上前の薬事法で一般医検査薬として認められたのは、妊娠検査薬と尿糖検査薬、そして、尿蛋白を検査するものだけだったようです。

なぜかまではわかりませんが、妊娠検査薬は店頭販売やネット通販が許されて排卵検査薬はダメとなってしまったんですね。

当時は、医療に対する敷居が高かったという時代背景もあり、排卵検査薬を個人で購入・使用する事が広く一般的になるなんて想像もされていなかったなんて事も言われていました。

一般医薬品と認められた妊娠検査薬はドラッグストアでもネットでも購入する事が可能ですが、以前まで、排卵検査薬は出てきませんでした。

そんな矢先、2016年の9月後半に排卵検査薬の取り扱いのルールが改正されて、晴れて一般用医薬品という扱いに戻りました。

これにより、日本でのネット通販も可能となったので一安心といきたいところですが、価格と感度の良さを考えると海外製は魅力的です。

2種類の使い分けで排卵日を上手に特定

妊娠お助け隊では、ワンステップの他にクリアブルーイージーデジタルの取り扱いもあります。

実は、この2つの排卵検査薬を併用して排卵日を特定しやすくする方法があります。

それは、感度が良いワンステップでLHサージの開始をいち早く把握し、LHの濃度が40mIU/mLと高まってから反応するクリアブルーイージーデジタルで、LHピークに近づいたのを確認するという方法です。

これなら、価格の安いワンステップも惜しまず使え、日本製並に高いクリアブルーイージーデジタルをここぞという時に使う事ができますね。

尚、ワンステップ排卵検査薬とクリアブルーイージーデジタルとのセットも有ります。

>>2種類の排卵検査薬セットの詳細はこちら

感度の良い排卵検査薬が必要な理由

最も妊娠する確率が高いのは、排卵日の2日前にセックスする事だそうです。

精子の寿命は3日~5日程度なのに対し、卵子の寿命は24時間と短いだけでなく、受精可能時間は、実質6時間~8時間程度と言われています。

この6時間~8時間という短い受精可能時間を逃さない為には、排卵日の2日前にセックスし精子をスタンバイさせておく事が最適だそうです。

その最適なタイミングを逃さない為には、LHサージの開始に近い値を知る事が重要となるので、ワンステップのように感度が良く検査結果がわかりやすい排卵検査薬が必要となるのです。

この辺りも踏まえながら、費用面や実用性でどの排卵検査薬が自分に向いているのか、確認してみてはいかがでしょうか。

ワンステップ排卵検査薬の通販方法

ワンステップ排卵検査薬は、”妊娠お助け隊”というサイトから通販(個人輸入)する事が可能です。

ここは、ドクターズチョイスの直営店サイトの一つなので、他にも、妊活中に望まれる栄養を含んだサプリなどの取り扱いもあります。

日本語のサイトから注文できるので迷う事も無く、注文後に海外からの発送となるものの、それ程時間はかかりません。

送料も通常は840円ですが、1万円以上なら無料となります。

支払い方法は、各種クレジットカードの他にNP後払いという商品が届いてからコンビニで支払う方法も可能なので、海外のサイトだからクレジットカードでの支払いに抵抗があるという場合も安心です。

>>ワンステップ排卵検査薬の正規取扱店はこちら