ワンステップ排卵検査薬は直営店から安く通販できました

海外から直接通販すれば安く手に入る

排卵検査薬がネット通販出来るようになったおかげで、薬局に行かなくても入手が簡単になりました。

でも、相変わらず価格が高めで気軽に買えない印象があります。

排卵検査薬を安く購入できる良い方法はないのでしょうか?

そこで、海外の安い製品を探してみたところ、ワンステップ排卵検査薬を見つける事ができました。

>>ワンステップ排卵検査薬の価格を見る

ワンステップ排卵検査薬は、「1本あたり100円以下」というコストパフォーマンスが魅力です。

しかも、セット本数が増えるごとに割引されるのでお得です。

このページでは、初めて購入する方に向けて、ワンステップ排卵検査薬の「価格」や「特徴」、「入手方法」について確認していきます。

人気の理由は「3つ」の特徴

ワンステップ排卵検査薬は、海外通販でしか入手できないのに人気です。

人気の理由は、以下のような3つの特徴が関係しているようです。

  • 単価が安いから、たくさん使える
  • テストラインの表示がわかりやすい
  • 感度が良いから、LHサージが早くわかる

価格の安さだけでなく、テストライン確認が簡単なことや感度の良さが人気の理由みたいです。

1本100円以下、増えるごとに割引

ワンステップ排卵検査薬の価格は、セット本数によって異なります。

■ワンステップ排卵検査薬の価格一覧

製品名 本数 価格 単価 LH感度(mIU/mL)
ワンステップ排卵検査薬 20本 1,960 円 98 円 20
50本 4,300 円 86 円 20
100本 7,900 円 79 円 20
200本 13,800 円 69 円 20

20本セットでも十分安いですが、一番多い200本セットなら「1本あたり70円以下」という安さです。

これなら、ためらわずにたくさん使えますね。

では、日本で人気の排卵検査薬はどのくらいの価格なのでしょうか。

日本で売られている排卵検査薬の価格を比較

日本で販売されている、おもな排卵検査薬の価格と単価を確認してみました。

■日本で販売される排卵検査薬の価格と単価

製品名 本数 価格 単価 LH感度(mIU/mL)
新ドゥーテストLH 7 本 2,916 円 417 円 30
14 本 4,104 円 342 円 30
PチェックLH 5 本 2,940 円 588 円 10から3段階
10 本 3,990 円 399 円 10から3段階
チェックワンLHデジタル 5 本 2,800 円 560 円 40
10 本 3,800 円 380 円 40
チェックワンLH・Ⅱ 5 本 2,310 円 462 円 40
10 本 3,675 円 368 円 40

表のように、「1本あたり300円以上」とやや高い気がしますよね。

一回の月経での使用が1~2本程度なら、負担を感じるほどの金額でもありませんが、何本も使用したり、なかなか妊娠できず、半年、1年とかかってしまうと、大きな出費になりかねません。

また、LH感度が「30~40mIU/mL」の製品が多いので、LHサージの初期段階をチェックすることができません。

「たくさん使いたい」「LHサージを早く知りたい」場合は、ワンステップ排卵検査薬の方が適しているとわかりました。

テストラインは薄くても表示で「陽性」

新バージョンの「ワンステップ排卵検査薬クリア」の改良点のひとつは、テストラインの判断がわかりやすくなったことです。

テストラインが薄くても、見えたら「陽性」になるそうです。

今までのアナログタイプの排卵検査薬だと、テストラインの表示が薄いと、「コレは、どっちなの?」と悩まされることがありました。

これからは、ラインが見えたら「陽性」なので判断に悩まずに済みます。

まるで、デジタルの排卵検査薬のようですね。

「LH感度」が「20mIU/mL」にアップ

新バージョンのもう一つの改良点が「LH感度」が良くなったことです。

以前の「25mIU/mL」から「20mIU/mL」へと感度を高めたことにより、LHサージの開始に近いタイミングを把握できるようになりました。

なお、LHサージは、20mIU/mLくらいから始まるので、そのギリギリを検知できるということです。

>>ワンステップ排卵検査薬の詳細

LHピークも知りたいなら2種類の使い分け

LHサージを早く知るだけじゃなく、LHピークも把握したいなら、2種類の排卵検査薬を使い分ける方法が妥当です。

その方法として、ワンステップ排卵検査薬とクリアブルーイージーデジタルの「2つを併用」するのが人気です。

なぜ、この組み合わせが人気となっているのでしょうか?

その理由は、それぞれの持つ感度の違いが関係しています。

製品名 LH感度(mIU/mL) 表示方法
ワンステップ排卵検査薬 20 アナログ
クリアブルーイージーデジタル 40 デジタル

感度の異なる排卵検査薬を使い分けることにより、LHサージの初期段階とピークに近い値の両方を把握することが可能となるのです。

LHサージの開始は、ワンステップ排卵検査薬を多めに使って確認。

陽性反応が出るようになったら、クリアブルーイージーデジタルを使ってLHピークが分かれば、その後、「10~12時間後」に排卵する可能性が高いことがわかります。

このように、2つの排卵検査薬を使い分けることで、LHサージがどのように変化しているのか、予測を立てやすくなります。

なお、ワンステップ排卵検査薬の直営店「妊娠お助け隊」では、これらのセット販売もされています。

また、セットで買うと2千円ほど安くなるのでお得です。

>>2種類の排卵検査薬セットの詳細

妊娠確率アップには何日前がベスト?

最も妊娠確率が高くなるセックスのタイミングは、「排卵日の2日前」と言われています。

これには、精子と卵子の寿命が関係いているそうです。

精子の寿命は「3~5日」です。

卵子の寿命は「24時間」です。

しかも、卵子の受精可能時間は、「6~8時間」で、とても短いようです。

この6~8時間という限られた受精可能時間を逃さない為には、排卵日の2日前にセックスして、精子をスタンバイさせておくのが最適と考えられています。

実際に計算してみると、3~2日前の間がベストタイミングだとわかります。

最適なタイミングを逃さない為にも、LHサージがいつ始まったのかわかっていると良いので、感度が良い排卵検査薬の必要性も納得です。

ワンステップ排卵検査薬は、そうした要望から、新バージョンに変わるタイミングで、感度が「20mIU/mL」に変更されたということですね。

海外発送だと送料や支払い方法は?

ワンステップ排卵検査薬を購入するには、直営店「妊娠お助け隊」のサイトを経由しての注文となります。

ここでは、表示も全て日本語なので戸惑うことなく注文することができます。

スマホ対応なので、外出中や仕事の合間にも時間を見つけて注文することが可能です。

また、送料は海外発送でも「840円」です。

安い上に、商品を1万円分以上購入すれば送料は無料となるのでお得です。

ただ、初めて利用する海外サイトだと、クレジットカードは出来るだけ使いたくないと感じるかもしれません。

そんな場合は、「NP後払い」が良いと思います。

NP後払いは、公共料金の支払い用紙のように、コンビニなどで後から支払う方法なので、クレジットカードの支払いに抵抗がある場合も安心です。

他にも、「LINE Pay」など、チャージ型の支払いを利用することもできるようになっていました。

>>ワンステップ排卵検査薬の通販方法を確認する

MENU