ワンステップ排卵検査薬 通販方法

海外から直輸入なら価格も安い

排卵検査薬が国内でのネット通販も出来るようになったお陰で薬局に行かなくても入手出来るようになりましたが、日本で販売されている種類は、価格がやや高めな分、沢山使えない印象があります。

そこで、価格の安い海外で販売されている排卵検査薬を探してみると、日本でも人気となっているのはワンステップ排卵検査薬でした。

ワンステップ排卵検査薬は、一枚あたり100円以下という安さなので、検査回数を増やしたい場合にコストパフォーマンスの良さが魅力です。

ですが、こちらを購入する場合は一つ注意しなくてはいけないことがあります。

それは、日本国内では販売されていないので、海外からの通販でのみ入手出来るという部分です。

ワンステップ排卵検査薬が人気となっている理由

なぜ、ワンステップ排卵検査薬は海外からの通販のみなのに人気なのでしょうか?

ただ安いから購入しやすいだけなのか、それとも、他にも理由があるのか調べてみたら、以下のような特徴がありました。

  • 価格が安いので失敗しても気にせず済む
  • 排卵日が近づいてきたら多めに使用しやすい
  • 感度が良いからLHサージ開始を狙って使える
  • テストラインの表示がわかりやすい

このように、価格の安さが人気を支えているほかに、感度の良さやテストラインの確認が簡単な部分なども気に入られているようです。

安くて性能もしっかりしていて信頼出来る製品なら試してみたいものですが、海外から排卵検査薬を購入するのは初めてという場合は、本当に届くのか、支払い方法なども大丈夫なのかなど、色々と不安も有ると思います。

そこで、購入前に抑えておきたいポイントについて触れていきたいと思います。

日本で売られている排卵検査薬の価格を比較

まずは、日本で販売されている主要な排卵検査薬の価格と単価を確認していきたいと思います。

■日本で販売されている主要な排卵検査薬の価格と単価

製品名 本数 価格 単価 LH感度(mIU/mL)
新ドゥーテストLH 7 本 2,916 円 417 円 30
14 本 4,104 円 342 円 30
PチェックLH 5 本 2,940 円 588 円 10から3段階
10 本 3,990 円 399 円 10から3段階
チェックワンLHデジタル 5 本 2,800 円 560 円 40
10 本 3,800 円 380 円 40
チェックワンLH・Ⅱ 5 本 2,310 円 462 円 40
10 本 3,675 円 368 円 40

この表のように、単価が300円以上となるので価格が少し高いと感じるかもしれません。

これが、1本、2本のチェックで済むのであれば300円程度大した金額でもありませんが、一度の月経周期のタイミングで何本も使用したり、中々妊娠できずに、半年、1年と使用してしまうと、その分大きな出費となってしまいます。

また、以前まではネット通販できなかったので、近くのドラックストアや薬局でどの排卵検査薬が取り扱われているのか確認しなくてはいけなかったり原則対面販売だったので、入手まで少し手間取る事もありました。

性能面に関して付け加えるとすれば、LH検出感度が30mIU/mL~40mIU/mLとなっているので、しっかりと陽性反応を確認出来る一方、LHサージの初期段階をチェックするのは難しい印象があります。

出来る限りLHサージの早い段階を知りたいという場合だと、日本で販売されているものだと、少しタイミング的に合わないと感じるかもしれません。

ワンステップ排卵検査薬なら1本100円以下と安さが魅力

では、国内製品に比べて、ワンステップ排卵検査薬はどのくらい安いのか価格を確認していきたいと思います。

■ワンステップ排卵検査薬の価格一覧

製品名 本数 価格 単価 LH感度(mIU/mL)
ワンステップ排卵検査薬 20本 1,960 円 98 円 20
50本 4,300 円 86 円 20
100本 7,900 円 79 円 20
200本 13,800 円 69 円 20

このように、セット数によって単価が異なり、一番安く購入出来る200本セットであれば、1本あたり実に70円以下で購入出来るという安さです。

妊娠できる確率を上げる為にも、LHサージが始まったタイミングは押さえておきたいものですが、ワンステップ排卵検査薬なら感度も良くて早い段階で陽性反応を示してくれるだけでなく、価格が安い分、使用回数を増やしても負担が少ないので、そうした使い方にも適していると言えます。

しかも、新しいバージョンに改良されたことで、LHの検出感度も良くなった模様です。

妊娠する確率を高める為には?

最も妊娠する確率が高いのは、排卵日の2日前だそうです。

精子の寿命は3日~5日程度なのに対し、卵子の寿命は24時間と短いだけでなく、受精可能時間は、実質6時間~8時間程度と言われています。

この6時間~8時間というとても限られた受精可能時間を逃さない為には、排卵日の2日前にセックスし精子をスタンバイさせておく事が最適だそうです。

その最適なタイミングを逃さない為には、LHサージの開始に近いタイミングを把握することが重要となるので、ワンステップ排卵検査薬のように感度が良く検査結果がわかりやすい排卵検査薬を必要とされる方が多いようです。

新バージョンの改良点

以前までは感度が25mIU/mLだったのが、新バージョンのワンステップ排卵検査薬クリアとなりLHの感度も20mIU/mLとなったお陰で、LHサージの開始に近いタイミングを把握できる可能性がアップしました。

更に、テストラインの表示機能に工夫が付け加えられている事をご存知でしょうか?

以前のバージョンとは異なり、『ラインが薄くても表示された段階で陽性』という検査結果に変更されています。

つまり、新バージョンのワンステップ排卵検査薬クリアなら、テストラインの色の濃さに惑わされる心配はなくなったということですね。まるで、デジタルの排卵検査薬のような検査結果が得られるということです。

安いアナログタイプの排卵検査薬では、テストラインが非常に薄い場合は、「コレは、陽性?陰性?」と悩まされることがありましたが、そうした心配が無くなれば、ストレスにもならずに済みますね。

2種類の使い分けでLHのピークに近い値も確認する

ワンステップ排卵検査薬は、このように、価格の安さや感度の良さ、そして、テストラインの表示機能が改善されたことで更に使い勝手が良くなっていますが、使用に関して一つ注意しなくてはいけないことがあります。

それは、感度が良すぎる事です。

感度が良ければ、LHサージの開始の早い段階を掴む上では重宝しますが、その反面、LHのピークに近いタイミングを知りたい場合には適していません。

では、このような場合は、何か解決策が無いのでしょうか?

その方法は、感度の異なる排卵検査薬を使い分けることです。

そこで、実際に行われている人も多い方法がワンステップ排卵検査薬とクリアブルーイージーデジタルの二つを併用するという方法です。

なぜ、この組み合わせが人気となっているのでしょうか?

それを知る為にも、これら二つの排卵検査薬のLH感度をもう一度確認してみましょう。

製品名 LH感度(mIU/mL) 表示方法
ワンステップ排卵検査薬 20mIU/mL アナログ
クリアブルーイージーデジタル 40mIU/mL デジタル

このように、感度の異なる二つの排卵検査薬を使い分けることにより、LHサージの初期段階とピークに近い値の両方を把握することが可能となります。

実際に、画像にしてみると以下のようなイメージです。

LHサージの開始を把握する為に価格の安いワンステップ排卵検査薬を多めに使い、陽性反応が出るようになったら、クリアブルーイージーデジタルを使って、今どのくらいのタイミングなのかを把握できれば、排卵日もより特定しやすくなりますね。

尚、ワンステップ排卵検査薬の直営店(妊娠お助け隊)では、これら二つの併用される場合にお得に購入出来るセット販売も用意されています。

>>2種類の排卵検査薬セットの詳細はこちら

購入について

ワンステップ排卵検査薬を購入するには、ドクターズチョイスの直営店サイトに注文を出さなくてはいけませんが、ここは、表示も全て日本語なので戸惑うことなく注文することができます。

パソコンだけでなく、スマートフォンにも対応しているので、外出中や仕事の合間にも時間を見つけて注文することが可能です。

また、送料は海外からの発送でも840円と安い上に、商品を1万円分以上購入すれば送料は無料となるので、他にも必要なものがあればまとめて買う方がお得です。

ですが、海外にあるサイトとなると、初めて購入する場合は、クレジットカードなどは出来る限り使いたく無いと思うかもしれません。

その点、いくつもの支払い方法に対応しているので問題なさそうです。

支払い方法を確認してみると、各種クレジットカード以外に、NP後払いという商品が届いてからコンビニで支払う方法も可能なので、海外のサイトだからクレジットカードでの支払いに抵抗があるという場合も安心です。

他にも、PayPal経由で注文することも出来るので、クレジットカードを販売店に知らせることなく注文することも可能です。

>>ワンステップ排卵検査薬の通販方法・製品詳細はこちら